スポンサードリンク


アンカーボルトと呼ばれるものには、用途や施工方法によりたくさんの種類があります。
このサイトでは主に設備機器等を固定するために使用するアンカーボルトの種類について記載しています。
少しでも皆様の知識のプラスになればと思っております。

2008年5月21日水曜日

ケミカルアンカー

ケミカルアンカーボルト

ケミカルアンカーとは、日本デコラックス社の商品名で、正式には接着系アンカーと呼ぶのが正解である。
ケミカルアンカーはその名のとおり化学反応を利用した接着剤によって全ネジや、異形鋼棒を固定するものである。

コンクリートにドリルで穴を開け、ブロワーで切り粉を除去し、更にケミカルブラシで孔壁の粉塵を除去、更にブロワーや集塵機で清掃したあと、(試験管のような容器に入っていることが多い)ケミカルアンカー(カプセル型接着系アンカー)を穴に挿入し、先端を斜めに切った全ネジや異形鋼棒を打ち込むことによってケミカルアンカー(カプセル型接着系アンカー)の容器が破壊され、化学反応が起こり、しばらくすると固定する。

ポンプ・送風機・空調機などの設備機器を固定するのに、最も使われているアンカーボルト



ケミカルアンカーボルトの短期許容引抜力



上記のように、ボルト径によって、埋め込み長さが変わってくるので、耐震計算書によって、確認することが必要です

耐震計算書は、機器メーカーに依頼すると計算してもらえます。

水槽/オイルタンク架台耐震構造計算,空調機の耐震計算
サービスタンク・水槽架台、制御盤、キュービクル等耐震計算が設備の担当者で出来るソフト

建築設備の水平タンク,送風機,エアコン架台の構造計算
送風機架台、横置圧力水槽、エアコン架台の構造計算が設備の担当者(構造計算の専門家でなくても)で出来る